乗車ICカードの認識率を高めるエラー防止シート。

乗車ICカードをスマートフォンに付着、あるいは密着して使う場合、カードの認識が上手くできない場合がよくあります。
エラー防止シートは、認識率を高めてより気楽に使えるようにします。

主要機能

    使用可能なスマートフォンの機種

  • スマートフォンと乗車ICカードやIDカードの間に挟み、乗車ICカードやIDカードの認識率を高める。
  • RFID 周波数帯域で吸収率が一番高く、通信の帯域での吸収率は、比較的に低い。

 

  • スマートフォンの金属表面が電波を撹乱し、無線認識率を落とします。
    iPhone5 / 5s, iPhone 6 / 6s, iPhone 6 Plus / 6s Plusなど。
  • スマートフォンの使用環境と内部設計はノイズ発生に影響を与え、ノイズによる無線干渉には、エラー防止シートがよく役立ち、乗車カードをよく使えるようになります。

製品の原理と特徴

                     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認識エラーの原因

まず、スマートフォンの表面のアルミニウム材質が乗車IDカードなどのRFID電波を撹乱し、認識がよくできない場合が多いですが、iPhoneがその具体的な例であります。 他には、スマートフォン自体から出てくる電波がノイズになり認識を妨害することもあります。

電磁波の吸収による認識率の上昇

SINJIMORUのエラー防止シートは、電子波を吸収し、熱に変換させます。ですので、乗車ICカードとスマートフォンの間に挟めておけば、外部から来る電子波とスマートフォンから出てくる電子波を吸収し、熱として変換するので、干渉によるエラーを減らします。

RFID周波数帯域の電波吸収

SINJIMORUのエラー防止シートは、乗車ICカードなどが使うRFID周波数帯域での吸収率が高いです。LTE周波数帯域やwifiの周波数帯域で電波吸収を最小化し、電話やデータ通信への影響を最小化にしました。


製品のイメージと使い方


よくあるご質問

  1. エラー防止シートを入れても乗車ICカードの認識ができないのは、なぜでしょうか。
    まず、スマートフォンのNFC機能がオンされていて、相互に機能の干渉が起こるからです。 このような場合、スマートフォンの設定でNFC機能をオフすれば、解決できます。他には、エラー防止シートが電子波を充分に吸収できないからです。このような場合、追加に2枚ほどシートをスマートフォンと乗車IDカードの間に挟めば、症状を解決できます。

  2. エラー防止シートを使わず、乗車ICカードの認識率を高めることは可能でしょうか。
    スマートフォンと乗車ICカードの間に電子波を吸収できるよう、RFID機能のないカードを1枚~2枚ほど挟めば、症状が改善できます。ただし、その吸収量は充分ではないので、そのような場合、エラー防止シートをお勧めいたします。

ブログ閲覧

ポスティングされたブログがありません。