main_01.jpg

SINJIカーキットと幸せなドライブ。

 

スマートフォンが日常生活の一部となり、車内でもスマートフォンを使うことが多くなりました。ナビゲーション機能を使ったり、音楽を聞いたり、または、電話をすることなどにもスマートフォンが使われ、まるで自動車の基本機能のよう使われています。

SINJIカーキットは、運転中の安全と利便性にフォーカスを置いた製品です。片手で据置きができ、据え置きと同時に充電ができます。そして、車内のどこにでも付着できるので、運転の邪魔になりません。こうした機能を持ったSINJIカーキットと共に幸せなドライブを楽しんでみてください。

 
main_02.jpg

充電を同時に。

SINJIカーキットの特徴は、充電と据え置きが同時にできることです。充電ケーブルを製品本体に繋いで、充電の機能を提供し、スマートフォンを固定します。

main_03.jpg

 片手で据え置き。

スライドバーを引き上げた後、スマートフォンの充電端子を連結すれば、簡単に据え置きができて、分離も片手で押し上げて可能です。

main_04.jpg

広い視野の確保。

センターフェイシアやダッシュボードの先にSINJIカーキットを付着して使うことができるので、運転視野を最大限に確保できてより安全で便利なドライブーができます。


使用可能なスマートフォンの機種

SINJIカーキットは、iPhoneとAndroidの全機種のスマートフォンに使えます。SINJIカーキットは、充電ケーブルをホルダーに固定するようになっているので、ホルダーとそれに対応するケーブルさえ変えれば、iPhoneとAndroidスマートフォンのどちらでも使えます。

大多数のスマートフォンに使える。

iPhoneは問題なく使えますが、Androidのスマートフォンの場合、マイクロ5ピンの充電端子が下部中央にあるモデルのみ使えます。

 大型スマートフォンに使える。

SINJIカーキットは、 最長160mm / 6.3インチまで 伸びるので、 5.5インチサイズの大型スマートフォンにも使えます。

ケースをつけても使える。

SINJIカーキットは、 ケースをつけたスマートフォンにも使えます。2.5 mm以内の厚さのケースなら、問題なく使えます。


スマートフォン機種に合うパッケージを購入

お使い中のスマートフォンの機種と充電器の種類によって、以下のパッケージを構成しております。
状況に合わせて購入してください。

iPhone用のパッケージ

iPhoneユーザーはお使いになるパッケージ構成を参考して購入してください。

iPhone MFIのパッケージ

  • 対象:  高速充電の機能があるMFI ケーブルが必要なiPhoneのユーザー(最大2.4A, 普通 1.5A)
  • SINJIカーキット本体 / MFI Lightningケーブル / 車両用USB充電器 / マニュアル等

iPhone パワーパッケージ

  • 対象: 車両用USB充電器とSINJIカーキットを一緒に購入したいiPhoneのユーザー
  • SINJIカーキット本体 / Lightningケーブル(Non MFI) / 車両用USB充電器 / マニュアル等

iPhone ベーシック・パッケージ

  • 対象: 車両用USB充電器を購入しないiPhoneのユーザー
  • SINJIカーキット本体 / Lightningケーブル(Non MFI) / マニュアル等

Android用のパッケージ

Androidのスマートフォン等、マイクロ5ピンの充電ケーブルをお使い中のユーザーのためのパッケージです。

Android パワーパッケージ

  • 対象: 車両用USB充電器とSINJIカーキットを一緒に購入するAdroidのスマートフォンユーザー
  • SINJIカーキット本体 / マイクロ5ピンのケーブル / 車両用USB充電器 / マニュアル等

Android ベーシック・パッケージ

  • 対象: 車両用USB充電器の購入しない Androidのスマートフォンユーザー
  • SINJIカーキット本体 / MFI Lightningケーブル / 車両用USB充電器 / マニュアル等

製品の使い方

SINJIカーキットの使い方はとても簡単です。
ホルダーにケーブルを入れる時、クレードルを付着、または、分離する時、以下のスクリプトを参考してください。

ケーブルとホルダーの組み立て

  • iPhoneの場合
    iPhone Lightningケーブルのコネクトをサブーホルダーと繋ぎ、またメインホルダーに繋ぎます。

 

  • Androidのスマートフォンの場合 
    まず、ケーブルをホルダーに入れますが、ホルダーがケーブルを包むように入れます。
howtoues_02.jpg

クレードルの付着

アクリルフォームテープの保護シールを取り、使用したい場所に付着します。付着される面が傾いた場合、クレードルの両端を曲げてから貼ります。充分な接着力が出るよう、付着してから24時間後にご使用ください。

  • 再び付着する場合、スペアのアクリルフォームテープを使ってください。
  • 付着が上手くできなかった場合、付着面の異物を取り、アクリルフォームテープも交換してから、また付着してください。

クレードルの分離

クレードルを一時的に、使わない場合、ナットを解いて、本体を保管して使いましょう。

SINJIカーキットを長時間使わない場合、手やコイン、プラスチックカードを使って車内に傷が残らないようゆっくり取り上げます。異物が残っている場合、ウエットティッシュ等を使って拭きましょう。


製品の情報


よくあるご質問

  1。Galaxy Note4にケースを付けても使えますか。                                            

充電端子部分のケースの厚さが2.5mm以内なら、問題なく使えます。

  2. 5インチ以上のサイズの大型スマートフォンもSINJIカーキットに簡単に使えますか。 
   SINJIカーキットのスプリングの力は均一です。大型スマートフォンも簡単に据え置きができます。
 

  3. iPhoneからAndroidスマートフォンに機種を変更しました。SINJIカーキットを続けて使いたいのですが、どうすればいいでしょう     か。      

iPhoneからAndroidのスマートフォンを使うようになったユーザーは、 SINJIMORUが開発したマイクロ5ピンケーブルと5ピン専用のホルダーが必要です。SINJIMORUで販売しているので、お問い合わせでご連絡をお願いいたします。           

  4. iPhoneのMFIパッケージは、 iPhoneのパワーパッケージと比べてどんなメリットがありますか。

iPhone 6/6sや iPhone 6Plus/6s Plusは、 iPhone 5にはない1.5倍から2倍ほどの高速で充電する機能があり、この機能を使うためには、Appleの純正ケーブルやAppleからMFIの認証を受けたケーブルと、最大2Aの電流まで供給できる車両用USB充電器を使わなければなりません。SINJIカーキットのiPhone用MFIパッケージには、MFIケーブルと車両用の充電器を含めております。  

ブログ閲覧

ポスティングされたブログがありません。